HOME>トピックス>故人の交友関係をチェック!失敗しない葬儀スタイルの選び方

葬儀会社の選び方

葬儀会社の選び方のポイントは料金を明確に説明してくれる葬儀社か、家族葬をしたい時など遺族の意向にちゃんと耳を傾けられるかなど、遺族に対して誠実な対応をしてくれるところを選びましょう。

葬儀の種類とそれぞれの特徴

男性

親族以外も見送れる一般葬

一般葬とは昔から広く知られた一般的な形で取り行われる葬儀の事です。お通夜と告別式とで行い、親族以外にも、友人、知人、会社関係の人などが葬儀に参列します。最近は一般葬ではなく家族葬でという人も増えてきています。

会社規模で見送る社葬

企業の社長や重役クラスの方が亡くなった場合は、その企業名義で社葬を実施します。故人への弔意とステータスを示すことができるよう、葬儀会社も社葬に慣れているところを選ばないといけません。

家族だけに見送られたい家族葬

近年増えているのが「家族葬」です。本来は近親の遺族のみで執り行うものとされていましたが、親しい親戚や親友なども含めた少人数でおこなう葬儀という形で認識されているようです。

密葬で送る

社葬やお別れ会よりも先に、家族のみで葬儀を行ってしまうのが密葬といいます。家族葬とほぼ同義と言っても過言ではありませんが、社葬やお別れ会の前に行った場合はあえて「密葬」と使う事もあるようです。

日を改めて行うお別れ会

著名人やステータスのある人が亡くなった場合は、先に遺族で家族葬や密葬を済ませ、後日改めて葬儀の代わりに「お別れ会」を開催して故人を偲ぶというスタイルが一般的です。故人の個性にあったセレモニーとなることが多く、好きな花で飾ったり、音楽で送ったりなどその形は様々です。

家族葬を行う際の注意点

近年増えてきている家族葬ですが、先に家族で葬儀を済ませてしまい、あとからお悔やみを知った人が困ってしまうという事態も増加中です。よほどの事情がなければ、家族葬と決めてしまう前に本当に他に知らせるべき人はいなかったかなど検討しましょう。

一般葬と家族葬の違いとは?

一般葬とは?

一般葬は家族葬とは違い、葬儀の列に親族だけでなく友人や知人、会社関係の人など幅広い層の人が故人のお別れに駆け付ける事です。

一般葬と家族葬の違いとは?

一般葬と家族葬の違いは葬儀の規模にあります。家族葬は近しい身内しか呼ばない傾向にあります。しかし、後になって故人にお別れしたかったという人もいるので、家族葬の執り行いには慎重さが必要です。

故人の交友関係をチェック!失敗しない葬儀スタイルの選び方

葬儀

葬儀社の選び方

一般葬や家族葬、葬儀の形はいろいろありますが、その葬儀を執り行うにも葬儀社選びが重要になってきます。見積もりを出した時に全部料金を明確に説明できるか、遺族の意向をちゃんと反映させるか、故人に対しての扱いが丁寧かなどチェックポイントはたくさんあります。自分で納得のいく葬儀屋さんを見極めてください。

事前に相談しておくと安心

家族のだれかに不幸があってあとから慌てるよりもあらかじめ相談できる葬儀社を決めておくと家族葬になった場合に便利です。

横浜で好評な葬儀会社☆

広告募集中