HOME>レポート>自分たちに合ったプランを選定するのが得策

自分たちに合ったプランを選定するのが得策

葬式

要望に合った見送り方

生前から希望の葬儀の形式を遺言として残す方が増えており、川口市では各人の希望に沿った葬儀のプランを提供している葬儀社が増えています。また、遺言を残していない場合でも、家族の方が予算や参列者の人数から行いやすいプランを選べるようになっており多様です。参列者の人数が50人以上で通夜と告別式を行う方法は一般葬と呼ばれ、これまでの葬儀の中で一般的に行われていたプランとなります。高齢化により人付き合いが少なくなっていた場合には、家族や親しい人のみで行なう家族葬を選ぶ方も増えており、比較的新しい見送り方として人気です。遠方に親戚が住んでいる場合や忙しい職業の参列者が多い場合に選ばれるプランとして1日葬があり、通夜を行わずに告別式のみで故人を見送ります。川口市の葬儀社では家族葬や1日葬を行なっているところも多く、一般葬以外の方法を選ぶ事も出来ます。

男女

プランナーの意見を参考に

慣れていない葬儀を行なう方のために、葬儀プランナーがアドバイスを行なう仕組みを取り入れている葬儀社が多く、川口市の葬儀社でもアドバイスを参考にプランを選ぶ事が出来ます。使用する川口市内の斎場の大きさや、オプションなどは何を選べば良いのか、喪主の方や家族の方が慣れていなくても、適切なアドバイスを受けることが出来るので安心です。特に、どのようなオプションを選ぶのが良いのか分からないと言う方の場合は、あらかじめ予算や参列者の人数をアドバイザーに伝えると合ったプランを紹介してもらう事が可能です。少人数で見送りたい方のためのシンプルな家族葬を行なう場合でも、花などをオプションで増やして見送るなどの提案も行なっています。

広告募集中