霊園と墓地は異なる?それぞれの特徴

墓地とはどのようなものか

墓地とは霊園と違い基本的に「お寺の中にある墓所」を指します。宗派によって石の形や作法が違い、檀家によって管理されています。僧侶に相談しやすいので法事などスムーズに取り行うことができます。多摩市には昔ながらのお墓が多いのが特徴です。

墓地と霊園の違いとは

霊園とはいかなる宗派を問わずお墓を立てることができる墓地の事で、墓石のデザインなどを自由に選ぶ事ができます。多摩市のガーデニング霊園はこのタイプです。生前購入などもできるので生きているうちに自分のお墓を準備できるメリットがあります。

民営と都営霊園の違いも把握しておこう!

都営や公営で運営している霊園はリーズナブルな価格でお墓を購入できるメリットがありますが、抽選待ちとなるケースが多い上に自分で区画を選べません。民間霊園の場合は自分で場所を選ぶ事ができ、サービスが充実していることが特徴です。多摩の霊園は民間霊園となります。

霊園を購入するメリットTOP5

男女
no.1

国や宗派を問わない

多摩の民間霊園でも公営霊園でも、お寺のお墓ではければ国や宗派を問わずだれでも平等にお墓を持つ事ができます。宗派にもこだわらないので、法事などではなく好きな時にお墓参りに行けます。

no.2

墓石やデザインを自由に選べる

公営霊園だと自由度は低いのですが、民間霊園の場合は墓石やお墓のデザインを自由に選ぶ事ができます。多摩のガーデニング霊園はきれいなお花で飾る事ができます。

no.3

送迎バスが充実している

多摩の霊園を含め、多くの霊園が概ねアクセスの悪いところにあります。多くの民間霊園では送迎バスが充実しているので、急に墓参りに行きたくなった場合でもフラっと行けるので便利です。

no.4

民間霊園だと生前購入ができる

民間霊園のいいところはお墓の生前購入ができるという点です。自分の好きなデザインのお墓を選ぶことを終活の一環としている人もいます。多摩の霊園も自分のお墓を生前購入することが可能です。

no.5

民間霊園は風光明媚な場所が多い

民間霊園は海が見える場所や、きれいに整った広大な丘など風光明媚な場所にお墓があるのが特徴です。多摩の霊園も広くてきれいな場所にあります。故人を偲びながら心も一緒に癒される気分となります。

[PR]
墓じまいを低価格で対応
メール相談サービスを利用してみよう

実物を確認することが大切~霊園を購入する際の注意点~

墓

霊園を購入する方法

多摩の霊園に限らず、霊園を購入する場合はまず「霊園選び」からスタートです。家から気軽に通える場所や、お気に入りの場所などの霊園の場所を選び、資料を請求しましょう。価格や場所などの折り合いがついたら霊園に連絡して、実際に霊園に見学に行きましょう。希望の区画が決まったら仮予約をしておくことをお勧めします。同じ場所がいつまでも残っているとは限りません。2週間ぐらいはお取り置きしてもらえるので、他を見学したり家族に相談したりしましょう。それでOKなら契約をして入金をします。墓石は霊園の場所が決まってからゆっくり好きなデザインを選んでください。

男性

霊園の選び方

霊園の選び方はアクセスのしやすさがポイントです。高齢者でもスムーズに墓参りがいける場所か、駅からの送迎バスはこまめに運行しているか確認しましょう。また霊園の建物内がバリアフリーであることや、休憩ポイントとなるベンチなどが多いかも選ぶコツです。多摩の霊園のような樹木葬を行っている場所もおすすめです。

墓

霊園の費用目安

多摩でも全国的でも気になるのは霊園の費用です。公営霊園の場合は墓石と土地代で150万円~180万円と言われています。民間霊園の場合は墓石と土地代で270万円~330万円ぐらいが相場とのことです。ただあくまでも相場で、永代供養代がサービスとなったり、墓石を値引きしてもらったりなど融通が利くケースもあります。しかし念のため相場相当の金額は用意しておいたほうが安心です。

[PR]
藤井寺市で家族葬をしませんか?
故人と最期の対話ができる。

霊園は事前によく調べて購入しておこう

霊園を申し込もうと思ったら空きがなかった、見学に行ったらイメージと違ったなどよくある話です。多摩の霊園を選ぶ際でもよくリサーチすることがおすすめです。

葬儀を市川市で申し込み

[PR]
葬儀を神奈川で執り行なおう
優良業者の情報をリサーチ♪

[PR]
生前整理の相談
高価取り引きに期待大!

大阪で墓石の作成を対応!

[PR]
多摩で霊園探しをすすめよう
優良施設の情報が満載☆

広告募集中